【ユーキャン】ペーパードリップでコーヒーを美味しくいれるコツ!

  • LINEで送る

ペーパードリップとは?

 

使い捨てのペーパーフィルターを使った、透過法(お湯を粉に注いで抽出する方法です) の中でも一番ポピュラーな抽出方法のペーパードリップ!

 

貴女も一度くらいはペーパードリップでコーヒーを淹れたことがあるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

 

一番手軽で、簡単な抽出方法であるペーパードリップですが、実は抽出の仕方によって味や香り、風味に大きな変化が生まれます。

 

どういうコーヒーをいれるか? 自分やコーヒーを飲ませてあげたい家族・大切な人の好みを考慮したうえで、しっかりと淹れ方を理解することが大切だと思いましたぁ

 

そして抽出方法や手順・時間を守って正確にいれることが大切です!

デジタルスケール 慣れるまでは、ドリッパーやサーバーをデジタルスケールに乗せて練習をすると、正しい淹れ方が身に付きますよー

 

♦一投式と三投式とは?

 

ペーパードリップには一投式と三投式があります。

 

コーヒーを淹れる時に、蒸らした後で、一度に全てのお湯を入れるか?それとも三回に分けていれるか?の違いです。

 

 

・一投式

全体的にスッキリとした味わいになります。酸味や苦味の特徴がはっきりした味わいのコーヒーを淹れることが できます。

・三投式

一投式より時間が長い分、濃くなります。

また必要な成分が出るので、まろやかな触感と甘味・酸味・苦味のバランスが取れた味になります!

後味(アフターテイスト)も長く味わいが残ります。

♦一杯立ての粉の量

コーヒーを好みの味にするために、粉の量を正確に測って入れることが大切ですぅー

飲みたい時に、必要な分の豆を挽くことによって、無駄な消費も防げて、香りの良い美味しいコーヒーを飲むことができますぅ

一杯分を淹れるときはやや粉の分量を多くし、少量の湯で十分に蒸らしてから少しずつ静かに注いでいくことがポイントですぅ

♦注湯時の湯の太さ

静かにゆっくり注ぐこと!粉の表面に対して垂直に湯を注ぐと粉が散らずに効率よく透過します。

また、ちょっとはじめは難しいのですが、ドリッパーにくぼみ(コーヒー豆の土手ですね)ができても、まわりを崩さないことが大切です。

そうしないと、うま味などの抽出が終わっている豆から雑味などがでてしまうからですぅ

♦蒸らしの目安

温めた器具にコーヒー豆をセットしたら、最初に20㏄ の湯を注ぎ、粉の表面が盛り上がったら約20秒蒸らします。

表面からプクプクと泡がでてきます!これをやることによって、粉に溜まっているガスが排出され、うま味成分が出やすくなります。

 

 

①準備

【ポイント】まず、ポットとドリッパー、サーバー、カップは抽出液が冷めないように温めておきます。

【ポイント】ペーパーフィルターは、再度2か所と底面を折って、ドリッパーにしっかり密着させます。

  1. 一杯分の場合、コーヒー豆12gをはかりますぅ
  2. ミルで中細挽きにします(ペーパードリップの場合が中細挽き)
  3. ドリッパーにコーヒー粉をいれます。
  4. ドリッパーの表面が平らになるように揺すってならします。

 

②蒸らし(ガス抜き)

【ポイント】大切なのはお湯の温度です!

湯を沸騰させ、ポットを火から下ろしたら3分ほどおきます。

(それか、沸騰させたヤカンなどからポットへ一度お湯を移し替えることによっても、理想の92℃~96℃にすることができます)

 

 

【ポイント】

お湯は、注ぐというよりも”のせる”ようなイメージで静かに注ぎます。

湯が粉全体に均等に染み渡ると、粉の表面がドーム状に盛り上がります。

 

  1. 適温になったら、らせんを描くように約20ccをそそぎます!
  2. 外縁ぎりぎりまで湯を注ぎ、粉全体に湯を染み渡らせます。そうするとサーバーには数滴のコーヒーが落ちているはずですぅ(あくまでも優しく静かに!です)
  3. お湯が行き渡り、粉の表面がドーム状に膨らんできたら、そのままの状態で20秒ほど蒸らします。蒸らすことでコーヒーに溜まっている炭酸ガスが抜けて、粉と湯がなじみ、湯の通り道ができて、成分が効率よく抽出されるようになります。

 

【ポイント】もしも、粉の表面が膨らまないときは?

焙煎したての新鮮な豆ほどよく膨らみます。ドリッパーにお湯を注いだあとで、中央がへこんで盛り上がらない原因は、豆が新鮮でないことや湯の温度が低すぎることが考えられます。

 

※豆の焙煎度やガスの含有量によって蒸らし時間は異なります。

コーヒー粉の膨らみ方を見極めて時間を調整しましょう

 

③一回目の注湯

粉の表面がドーム状に膨らんで炭酸ガスがでてきたら、最初の注湯をしますぅ

だいたいお湯の分量は80ccです!

【ポイント】一円玉くらいの円を描くように細く静かにお湯を注いでいきます!

(ポットから勢いよくお湯が飛び出さないように慎重に作業するのがポイントです)

  1. 注ぎ始めは、お湯を粉の表面に垂直にそそぎます。
  2. 中心で一円玉くらいの円を描きます

 

※実は意外と難しい・・・・

ぶんこがやってみて、実は難しい!と思うことは、温度管理でも、お湯の細さでもなくて、お湯を優しく注ぐこと、極力 中央が窪まないようにお湯を注ぐこと!あと、コーヒーの縁を壊さないようにすることが大切です。

実際には、中央が窪まないように注ぐのがベストなんですが、これが一番難しいですー。

土手が壊れると、雑味の元である灰汁が抽出液に混じり、風味が損なわれますー

 

 

④二回目の注湯

 

【ポイント】一回目と二回目の注湯は間隔をあけすぎない!

一回目と二回目の間隔が空きすぎると、コーヒー粉全体にお湯がバランスよく浸透せず、真ん中だけが何度も抽出される状態になります。

 

一回目の注湯後に粉の表面がへこんで、表面から3分の1くらい(約5㎜~1㎝程度さがったら)の高さになったら、二回目の注湯を行います!

 

  1. 二回目の注湯(約40cc)を注ぎます
  2. 中央で円を描くように、静かに注湯します!

二回目の注湯の画像

 

 

⑤三回目の注湯

最後に約20ccのお湯を注ぎます!

【ポイント】一回目と二回目の間隔同様、間を開けすぎないことが大切です。

二回目の注湯のあとで表面が下がり始めたら、すぐにお湯を注ぎ始めます!

温度やお湯の量が正確にできれば、約95℃前後のお湯を160cc注ぎ、出来上がりの抽出液は

温度約65℃、量は約140℃ですぅ

 

三回目の注湯

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

貴女好みのコーヒーを淹れる為には、粉と水の量、時間、タイミング、温度など

クリアーしなければいけないポイントがいくつかあります!

どうか、ポイントなどを気を付けながら、貴方にとって美味しい最高の一杯を見つけてみてくださいね!

貴女にとって素敵なコーヒーライフになりますように!

淹れ方などで分からないことなどがありましたら、お気軽にメッセージをください!

 

 

 

ぶんこの40キロ ビフォーアフターストーリー

ぶんこの40キロビフォーアフターストーリー

2016年3月から2017年3月までの1年間で40キロのダイエットに成功した実録です。

ライザップ半年間で約30キロ減量することができました。 ライザップ体験記

 

 

 

。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。

ディズニーのステキな世界についてや

 

スターバックスの美味しいカスタマイズ

 

糖質制限やボディーメイクについて

 

なにかご意見があれば下記コメント欄にて

 

受け付けております

。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。

 

 

 

スポンサーリンク

More from my site

SNSでもご購読できます。

最近の投稿はこちらです( *´艸`)

コメントを残す

*