ダイエットで体を軽くするのに効果的だったこと ベスト6

  • LINEで送る

 

ぶんこです

ダイエットには運動がつきものですよね

 

長年の運動不足と体重増加で体がなまると、そもそも論 自分の体を動かすところから、まるでリハビリの様にトレーニングをしなければなりません。

これが世にいうロコモティブシンドロームの始まりなわけです

 

実際にぶんこも、体重100キロ以上あったときは、ライザップに入会して最初に教えてもらうべきスクワット自体ができなかったり、トレーナーS君に「歩いてください!」と指示を受けても・・・・

スポンサーリンク

 

そのウォーキングが辛かったりしたものです。「もう、ロコモティブシンドロームになっています。将来寝たきりになりたくないのなら、体を動かしてください!」とスパルタ指導を受けたものです

 

合計で30キロ痩せたあたりから、身体がとっても軽くなり、あと朝&晩の通勤も楽になりました!

 

体が楽になって良かったこと

 

動きが素早くなる

これは働いていても、家事をしていても、いいことずくめです

 

ぶんこが37キロ痩せて、本当に体が軽くなって良かったことをご紹介します!

ぶんこの場合は115キロからの挑戦だったので、約30キロの減量が必要でしたが、貴女だったら、今から3キロとか5キロとか痩せるだけでも、実感できること間違いなし!

 

駅でエスカレーターが渋滞してるときに、スイスイと階段であがれるようになった!

駅のホーム(ぶんこの場合は、総武線の西船橋駅での事)でエスカレーターと階段が隣どおしになっていて、エスカレーターが長打の列になってしまう場面。

 

よく見かけますよね?

 

電車の乗り換えなどで、時間に余裕はない、でもエスカレーターが混んでしまっている時など、前は階段を使う気なんて全然おきませんでした。

 

でも、今は体が軽くなって、どんな階段でも登れるようになりました。逆にエスカレータが空いてても、運動の為に階段を使えるまでになれました。

 

こうなると、もう良いスパイラルしかありません。

階段使える→  うれしくてエスカレータ使う気なくなる→ どんどん足・腰が強くなる→ 今まで登ってた最寄り駅の階段くらい普通に登れる→  もうちょっと長い階段でも登ってみたくなる→  登れた!→  もっともっと長い階段に挑戦したくなる!

 

一度良いスパイラルに乗っかれば、身体はどんどん良くなっていきます

115キロの時は、想像もできなかったことです。

 

 

足が速くなって、電車に間に合うようになった!

 

総武線を使うことが多いぶんこなんですが、

駅の改札を通るときに、乗りたい電車がきてるらしい!ことが分かってから、ダッシュで間に合うことができるようになりました

(駆け込み乗車はやめましょうね( *´艸`))

 

前は「あ、電車来てる!けど歩くのダルイから、次でいいや!」って、トボトボあるいてたんですね。

もう、歩くのがしんどかったんだと思います!

 

でも、今はどんな駅でも間に合うことが多くなりました

 

体に悪いものを食べた時に、身体が重くなるので、必然的に体に良い物を選ぶようになった。

ライザップや、パーソナルトレーナーTさんにお願いしてダイエットに挑戦する前は、、どんなものを食べても、調子がいいとか悪いとかって感覚がありませんでした

(胃にもたれるとかも、胃が上手なほうなので今でもあまりないんですが)

 

でも、今は野菜が少なかったときや。お肉とかおかずに甘い調味料が多めにかかってるものを食べた時。

あと、仕事の付き合いでガッツリ系の食事をしたとき。体が重いんです。

そういう時というのは、トレーナーTさん曰く、「野菜・わかめ・キノコなどの体によいものを食べなさい」というシグナルなのだそう。

 

これも、体が軽くなったからこそ、感じることができるようになった、数字には見えないけど、プライスレスな効果ですー

 

お米やパスタを食べてる時があっても、体が重くなるので、圧倒的に量が減った。

糖質制限をはじめてだいたい11カ月がたちました(2017年2月現在)

いまでも、基本的には食事のメインはタンパク質な生活をしています。

 

それでも、仕事の関係や、付き合いで炭水化物の主食を食べる時がゼロではないんですけど。

でも、前と違うのは、【圧倒的な満腹感(重いくらいです)】と【体の倦怠感】です

 

前は、いくら食べても大丈夫だったんですけど(ライザップのカウンセラーさんには糖質依存症だ!と言われました)

今は、一口一口の糖質を感じるまでになりました。

そして、コンビニのおにぎり一つ分くらい食べればお腹いっぱいです。

 

 

お茶碗一杯なんて、要りません。

美味しいんですけど、あとから体が重くなります。

これも体が軽くなったからの効果と満足していますー

 

体が軽くなることは、いいことが沢山あります。(;´∀`)逆にデメリットなんかありません。

ウォーキングやスロージョギングを楽にしてくれる、生活していても動きがスムーズになるので、ダイエットの効果を実感することができます。

 

37キロビフォーアフターして、体が軽くなるまでに、私がしたこと

 

私が11カ月で37キロやせる間には、体重が変わらないのに体が軽くなるな~と思うときが幾度となくありました、それがどういう時だったか、なにをするのが効果的だったのかをお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

糖質制限(主食を野菜と肉か魚にする)

 

11カ月糖質制限をしているので、今の体を語るのにかかせないのですが、完全糖質制限をしました。

1日3食、基本の主食はタンパク質の魚か肉、ご飯・パスタ・パンなどは基本たべません。

 

あっ、でも食べる量はあまり変えてないんですね。

なのでリバウンドもなくて、ストレスもあまりありません。

 

あとトマトやじゃがいもなどの糖質が高い野菜や、もちろんお菓子なども抜きました

これをすると、アミノ酸等から、ブドウ糖を作り出して、血液中に供給する”糖新生”の経路が活性化するので、きちんと頭も働きながら体は軽くすることができました。

 

 

 

食事と食事の間に、きちんとした間食を取って、結果的に食事の量を減らす

 

トレーナーさんの指導の元、糖質制限はしつつも、一回に摂取するたんぱく質は、20gに制限されていました。

膵臓の処理できるリミットが20g程度なので、それ以上のたんぱく質をとっても体内には脂肪として蓄えられてしまうからです。

 

また、あまり食事と食事の間隔が開きすぎるとドカ食いのもとなので、(ドカ食いすると、また量が多いので!)

プロテインを食事と食事の間に飲んでいました。一日5回 なにかを口にいれるので、お腹が減ることがなくて、1回1回の量を減らすことができて、胃も小さくなりました。

 

グルメ番組を見ない

【まあ、これは気分的なことがおおいのですが】

ぶんこは、グルメ番組が大好きで、特に紹介された都内のお店とかをいうのが大好きだったのですが、どちらにしても糖質制限中でいけないことが多いので、見なくなりました。

「マツコの知らない世界」が大好きなので、それで食べ物特集の時は見てましたが、

 

 

階段ダッシュ(トレーナーさんに伴走してもらって・・・)

トレーナーさんの家の近く(都内某所の京葉道路沿い)の階段です。

ここは人通りが少なくて、踊り場が二か所ある階段なので、ダッシュのトレーニングに適しています。

 

 

京葉道路沿線

 

 

ちなみに、反対側から見るとわかるんですけど、おりかえるとまた踊り場あって、結構ハードな階段です。

ここを始めは30秒くらいかかっていました(しかもトレーナーさんに背中を押されながらです)

 

そのうちタイムが縮まってきて、20秒をきれるくらいになったときに、通勤の階段がへっちゃらになっていました

平井階段2

 

とりあえず目の前に階段とエスカレーターがあったら、階段をつかう

一つ前の、階段ダッシュができるようになってからのことなので、糖質制限をはじめて半年くらい経ってから・・・ではあるのですが

トレーナーさんと「目の前に階段とエスカレーターがあったら、エスカレーターは使わない」と約束しました。

 

はじめはちょっと厳しいときもありましたが、でも、階段を使える自分がうれしく、気が付いたら(笑)むやみやたらに階段を使うようになりました。

 

体が軽くなって良かった事にもかきましたが、こうなると、もう良いスパイラルしかありません。

階段使える→  うれしくてエスカレータ使う気なくなる→ どんどん足・腰が強くなる→ 今まで登ってた最寄り駅の階段くらい普通に登れる→  もうちょっと長い階段でも登ってみたくなる→  登れた!→  もっともっと長い階段に挑戦したくなる!

一度良いスパイラルに乗っかれば、身体はどんどん良くなっていきます

 

 

甘いモノ大量に取らない

まあ糖質制限をしていたので結果的に甘いものや糖は、そんなに食べてなかったのですが、

あえて言えば、スタバやディズニーの新作スイーツをチェックしたいんですね。

で、嫌いではないので一口だけたべたい!とかもあるわけですぅ

 

せめてどんなのが出てるのか?とか、これどんな味なんだろう!とかは、知ってたいんです(笑)

なので、もちろん、そんなに食べてないんですけど、チェックしに行くだけ行って、友達と7:3とかでシェアとかしてました。

 

食事をする前に、大量にとらない!ということは気をつけてました!

 まとめ

いかがでしたでしょうか?

まあ、大枠でまとめると

①ご飯やパン、甘いモノなどの糖類を極力取らない

(カフェやスイーツは、友達や大切な人と、一緒にシェアして楽しむ!)

 

②体に悪い物を取らない

(でも、その内に、化学調味料とか入ってるものとか食べると、体が重くなったり調子が悪くなるので、それまでの辛抱ですよー)

 

③運動ができるようになるまでは、トレーナーさんに階段ダッシュとかを手伝ってもらった感じですぅ

(体がロコモティブシンドロームから脱出できると、かえって嬉しくて、体を動かしたくなりますよー)

 

階段ダッシュや、駅の階段が、スムーズに登れるようになるまでは・・・

糖質制限をはじめて、やっぱり7か月とか8か月とか、かかっています。

 

それでも、一年前の自分からしたら、奇跡としか言いようがないくらい体が軽くなりました。

1週間や2週間じゃ、体はすぐに変わりません。

大事なことはコツコツです。

 

継続は力なり!です

きちんと続けていれば、半年とか1年くらいたった時に、驚くべき違いが、貴方をまっていますぅ

 

なにかありましたら、気軽にメッセージをください

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました

 

 

ぶんこの40キロ ビフォーアフターストーリー

ぶんこの40キロビフォーアフターストーリー

2016年3月から2017年3月までの1年間で40キロのダイエットに成功した実録です。

ライザップ半年間で約30キロ減量することができました。 ライザップ体験記

 

 

 

。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。

ディズニーのステキな世界についてや

 

スターバックスの美味しいカスタマイズ

 

糖質制限やボディーメイクについて

 

なにかご意見があれば下記コメント欄にて

 

受け付けております

。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。

 

 

 

スポンサーリンク

More from my site

SNSでもご購読できます。

最近の投稿はこちらです( *´艸`)

コメントを残す

*