【ディズニーランド】素敵ゴミ箱の色やデザインを、一緒に愛でて参りましょう(WB~AL編)

  • LINEで送る

 

東京ディズニーランド

 

スタバに籠るダイエッター  今井ぶんこです

 

黄色のフレームに囲まれて、燦然と輝くTokyo Disneylandのロゴマーク

このカクカクした、ディズニーフォントが見られるパークの場所

あなたはご存じでしょうか?

 

これはエントランスのまわりのゴミ箱です☆彡

ディズニーランドの入り口

 

 

 

エントランス周辺の建物や花壇の色に馴染むアイボリー

そこに輝く”Tokyo Disneyland”のロゴのドキドキ感

「さあ、今から夢と魔法の世界にINするんだ!」って、気持ちがフルスロットルですぅ

 

ディズニーランドの各テーマランドには、それぞれのエリアのコンセプトやテーマが設定されていて

ベンチや看板、そしてステキなゴミ箱までも、テーマにそったデザインで、美観の損ねないように配置されています。

 

 

もしかしたら、あなたは今までパークのゴミ箱について、フォーカスしたことがなかったかもしれません。

 

ぶんこの周りでも、本当に少ないです(でも、ゼロじゃないんですよね。好きな人は好きなんです!)

 

 

でもね、パークには本来、沢山のゴミ箱があるんです。

 

ゴミ箱って本当だったら、あんまり視界に入って、気持ちがいいものではないですよね?

 

でも、ディズニーランドでは、ゴミ箱の記憶ってあんまりないですよね。

 

印象が薄い。

 

これって凄くないですか?

 

毎日、ディズニーランドには6万人とか7万人とか、シーだって4万人とか5万人それ以上の沢山の人がいて

 

沢山のゴミがでているのに・・・・気にしないでいられるって、すごくないですか?

 

 

ぶんこは、実は潔癖の気があるので、パーク以外のダストボックスは本当に苦手なんですよね

 

そして、いつも・・・・ディズニーランドにくると、きれいだな~って思いながら、ゴミ箱のデザインが変わるたびに、ニヤニヤしているわけです

 

 

さあ、一緒にテーマランドのエリアコンセプトやテーマをチェックしながら、パークのゴミ箱さんを一緒に愛(め)でて行きましょー

 

ワールドバザール

 

パークにはいって最初に通るワールドバザールは、20世紀初頭のアメリカの町並み。

もともとは、ウォルト・ディズニーが幼少期を過ごしたミズーリ州のマーセリンをモデルにした「メインストリートUSA」が海外のパークにあって

(海外のディズニーパークの入り口周辺はだいたい、こっち!)

 

その「メインストリートUSA」を梅雨や台風が多いことから全天候型ガラス屋根にしたのが、日本にある東京ディズニーランドのワールドバザールです。

 

20世紀初頭の古き良きアメリカの町並みという部分は踏襲しながらも

 

薄くカットされた石材と、大きな出窓、そして石材やレンガが使われているヴィクトリア朝様式の建物がとってもエレガントな

 

アメリカのDisneyとはまた違う、パークの入口です。

 

そしてそのワールドバザールに設置されているゴミ箱がこちら

 

ワールドバザール

正確にいうと、ワールドバザールをぬけて、プラザの途中までがこのゴミ箱なんですけど

 

1度でいいので、ワールドバザールをザッと見渡してみてください。

 

それぞれの店舗は、様々な色で彩られてるんですけど

 

地面・街灯・時計、そして建物の屋根や差し色も緑が多くて、お菓子屋さんのワールドバザール・コンフェクショナリーも、外観の差し色は緑色

 

全体的に統一感があるんですよね (ぶんこ・・・・・ワールドバザールノ中ヲメデテ、気ガ ツイタラ半日オワッタコトアル・・・・Σ(゚д゚lll))

 

ワールドバザールのゴミ箱も、このテーマカラーの緑をベースにエレガントなデザイン (額かな?) が描かれていて、町並みにピッタリ!

 

普段なにげなく物を捨ててますけど、目立ちすぎないように&ゲストが不快感を感じないようにとデザインされてる

 

ステキゴミ箱です☆ミ

 

 

アドベンチャーランド

 

海賊が待ち受ける17世紀~18世紀のカリブ海☆彡

 

美味しいクレープの香りが立ち込める19世紀初頭のニューオーリンズ

そこはまるでフレンチ・クォーターに足を踏み入れたようなロイヤルストリート。o(^▽^)o 

 

そして広大なジャングルと恐竜のすむ太鼓の世界Σ(゚д゚lll)

 

 

アドベンチャーランドは、この1つのエリアにいろんな時代のいろんな場所が

 

ぎゅっと詰め込まれている冒険とロマンの世界☆ミ

 

立ち並ぶ建物も色々な時代の物や、アメリカから南太平洋のものまであって

 

色とりどりの世界を見せてくれています

 

ぶんこ個人的には、色とりどりの花や樹木がうっそうとしてる感じが大好きです

 

アドベンチャーランドで植物を愛でる1日

そんなことを目的としたINは、時間に振り回されがちな毎日から身も心も解放してくれます

 

 

さてさて、カリブの海賊のまわりには、パークで一番大きなタブノキがあります。

そのまわりのゴミ箱は、とっても秀逸に配置されていて・・・

 

まず、深いブルーの色が印象的なワゴンのル・マルシェ・ブルー

そして、タブノキなどの樹木がうっそうと茂る辺りのゴミ箱は、

こういった感じのブルー系のゴミ箱が設置されています

ブルーと言ってもスカイブルーというよりも少し藍色ぽい感じで、樹木やその周りの柵に溶け込んでいるんですよね

カリブの海賊のまわりには、

ただ青いだけでない、深くて落ち着いたブルーがとても素敵だな~って思って・・・

いつも、愛でてる、そんな変態ぶんこです

 

一方、そこから数メートルしか離れていないのに、

ザ・ガゼーボやグレートアメリカン・ワッフルカンパニー(あっ、この店自体は、正確にいうとワールドバザールの所属なんですけどね) の周りの白い建物や、白い花壇などがあるお店の周りは

アドベンチャーランド

 

こういった白いエレガントなゴミ箱だったりするんですよね

たしかに、ザ・ガゼーボの中のゴミ箱がブルーだったら、ちょっと重いですよねΣ(゚д゚lll)

(ちなみに、ガゼボの中のゴミ箱は、白は白でも、またちょっと違うんですけどね。写真なくてごめんなさい。)

 

 

 

なんでこんなにゴミ箱が多いの? その理由は?

ここまで、お読みいただいた貴方の中に1つの疑問が沸いているかもしれません

「なんか、ゴミ箱多くない?」

 

そうなんです。東京ディズニーランドには沢山のゴミ箱が設置されています

 

その配置には、原則があって約8mごとに1つのゴミ箱が設置されているのです  (まあ、例外もありますよ)

 

この8mには理由があります。

 

その理由は、人間の行動心理学

だいたい8mが、ゴミを捨てるなどの面倒くさいことをするのに、「まあ、しかたないな~」って思って人がちゃんと歩いてくれる

そんなギリギリの長さなんです。

これ以上、ゴミ箱の間隔があくと、パークのポイ捨てが増えてしまうという根拠があるのです。

 

ゴミ箱の設置1つにとっても、これだけの根拠とプランがあることに

ぶんこは知った時に、顎が外れそうでしたー

 

 

さあ、本題に戻りましょう!

 

 

カフェ・オーリンズを超えてシアターオーリンズを横切ると

そこは、ぶんこも大好きなレストラン密集地帯!ヽ(´▽`)/

「チャイナボイジャー」の坦々麺が、今日もぶんこを誘惑します

 

そんなフード施設にさしかかると、ゴミ箱さんも表情をガラッとかわります

アドベンチャーランドポップチャイナボイジャー前jpg

色味はアイボリーで柔らかい感じなんですけど、雰囲気はニューオーリンズから離れて、それはまるでアフリカの幾何学模様のよう

 

ぶんこの個人的な見解としては、ナスカの地上絵か、ブルキナファソ(西アフリカ)のティエベレの幾何学模様とかあたりがコンセプトなんじゃないかな~って思ってるわけです、

そんなことを考えながら、ボイラールームバイツでドリンクをかって、ニヤニヤめでてる☆彡ぶんこです

 

(ちなみに、ナスカの地上絵とか、ティエベレの幾何学模様に似てるっていうのは、ぶんこが勝手に思ってるだけですので、どなたか博識の方で真相をご存知のかたがいらっしゃったら、教えてくださいヽ(´▽`)/)

 

まとめ

 

全部ではないですが、東京ディズニーランドのエントランスから入って

アドベンチャーランドの代表的なゴミ箱を、一緒に愛(め)でて参りました。

 

まだ、ワールドバザールとアドベンチャーランドしか、愛でてないのですが

ダラダラぶんこの悪い癖で、気がついたら3500文字(長い・・)を超えていたので、

ウエスタンランドのゴミ箱ツアーは、また次の機会にo(^▽^)o

 

 

ぶんこは、パークのなかが好きでニヤニヤしてるだけで、専門的な知識があるわけではありません。

もし、博識な方で、「ぶんこさん、間違ってるよー」って思ってる方がいらっしゃりましたら、

どんどん、ぶんこに教えてくださいませ。

 

次はウエスタンランドのゴミ箱を一緒に愛(め)でてまいりましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました

 

東京ディズニーランドのゴミ箱達、ウエスタンランド編へ続く!

More from my site

SNSでもご購読できます。

最近の投稿はこちらです( *´艸`)

コメントを残す

*