家族のストレスを食べるで解消しているアナタへ・・・・両親 絶賛別居中☆離婚することになっても、 アナタは絶対乗り越えられるー!

  • LINEで送る

ハート

ぶんこですー!

日ごろはあんまり、自分の家族の話とかをするほうではないのですが・・・

コメントもいただいたので、お役にたてればと思い書かせていただきます☆彡

 

 

 

ぶんこの家は、厳格な仏教徒

その因果で、ぶんこが小さい時に宗教観の違いだったりで両親が不仲になりました☆彡

ぶんこが成人する、ちょっと前にお父さんは家を出て行ってしまいました

 

家族って、一番身近なだけに、スルーしたり、なんとなくカワすことも出来ないし、本当に難しいですよね。

 

他人だったら、どんなにいいか・・・って、ぶんこも思いました

 

 

それに加えて、ぶんこ家は、父親が仕事だけは順調でちょっと天狗さんになっちゃったりして☆彡

 

俺は先生と呼ばれてる・・・!って言い始めてしまったり、女性問題だったり・・・(うん、やっぱり天狗さんかな◎)

 

 

あと、母親も宗教にのめりこみすぎちゃったりして

客観的にみて、どっちもどっちかな・・・なんて、

そんなことしてたら、絶対に上手くいかないわ・・・なんて

小学生ながらに思ったものでしたー☆彡

 

スポンサーリンク

 

 

普通にしてると、家庭の中が空気が悪かったり、母親がヒステリーだったりしたものですぅー☆彡

 

だから、ディズニーとミッキーの世界に、支えられていたといっても過言ではないかもしれません◎

 

 

そんなこともあって・・・というか、それだけではないですが

 

ぶんこはイヤなことがあると、1人でディズニーの映画やディズニーのショーとかを見て、好きなものを食べてる子どもでした☆彡

 

 

親や周りの人がガミガミいってても、ちょっとどこか聞いてるようで聞いてない。

 

(だって、父親と母親の話してる、人生観や宗教観が、180度ちがうので、ちゃんと聞いてたらオカシクなっちゃいますー☆彡)

 

ストレスがかかると、ついつい食べすぎてしまう理由

 

人間は、ストレスがかかると、手っ取り早い方法でストレスを解消しようとします

 

食べることもストレスを解消する方法の1つ☆彡ですよね

 

 

理由①交換神経OFF

ストレスがかかる時、人の身体は戦闘モードの交感神経が働いています

そうすると、身体はキリキリの戦闘モードを止める為に、交感神経から副交感神経にシフトチェンジさせてようとするんですー

 

そして、一番簡単なのが、副交感神経をオンにする為に、リラックスさせたり、胃をふくらませること!

 

リラックスすることも、胃を膨らませることも、ご飯をいっぱい食べることでスイッチをいれることができますよねー。

 

理由②ダイエットの天敵「コルチゾール」

以前、トレーナーさんも言ってた事なのですが・・・

 

身体は、ストレスを感じると「コルチゾール」というホルモンを出す仕組みになっています。

 

この「コルチゾール」というホルモンは、脂肪を蓄積しやすくしたり、↓③食欲抑制ホルモンを減少させてしまうのですぅ!

 

理由③食欲抑制ホルモン「レプチン」減少

 

上の↑「コルチゾール」が体内に分泌されたときに減少する、人の食欲を抑制するホルモン「レプチン」

 

「コルチゾール」が分泌される時と、あともう1つあって

それが、睡眠時間が減ったり、睡眠の質が低下したときなんですー

 

ストレスがかかると、睡眠の質も低下しやすいですよね。

その結果、やはり抑制するホルモンが減ってしまうのですぅー☆彡

 

 

もしも、アナタが両親の不和で悩んでいるのなら覚えておいてほしいこと!

 

まず・・・絶対に忘れないで欲しいこと。それは・・・

 

両親の仲が悪いのは、あなたのせいじゃない

 

 

今、両親の機嫌が良いのか悪いのか?爆発したり暴力する可能性はどれくらいあるのか?

両親の仲が悪かったりすると・・顔色が見れるようになっちゃいますよね。

私もそうでした・・・。

 

とくに、ぶんこは昔、両親が仲が悪くなりかけた時に・・・・

 

親戚の人や知り合いに「あなたが、支えてあげなさい!」とか「お母さんを大事にしてあげなさい」って、すごく言われたことがあります!

 

まあ、まちがってないんですけどね。

 

まあ、わかるんですよ!

親戚のおばさんが言いたかったこと。

近所のおばあちゃんが言わんとしてること。

 

 

ただね、こういうことを簡単にいうオトナさんがいるんですけど、こういう言葉って、けっこう負担なんですよね

「自分が潤滑油にならないといけない。」とか・・・

「私がウマくまわせれば、家族は機能するんじゃないか?」とか

 

真面目で一生懸命がんばってるアナタは、もしかしたら・・・そう思ってしまってるかもしれません。

 

 

ぶんこも実際、父親が出て行ってしまったときなんかは

 

「私が、うまくやらなかったのがいけなかったのかな」と、自分を攻めたものでしたー。

 

 

でもね・・・・どんなに子供が頑張っても無理なものは無理なんですぅ◎

(まあ、うまくゆくパターンもあるかもしれないし、それならそれで、本当によかったな!って、わーい!ですぅー☆彡)

両親の関係性や人間関係は、子供が生まれるずっと前からあったわけで、ずっと前からボタンが掛け違ってることもあって

 

だから、自分が生まれる前のことに思いを巡らすなんてできないし、子供にどんなに頑張ったって、別居する時は別居するし、

悲しけど、離婚するときは離婚するんです◎

 

 

だから、両親の仲が悪かったり、家の空気が悪くても・・・・それで、もし自分を責めてるとしたら

 

それは思い込みです⭐

 

 

両親には両親で、あなたが生まれる前から、生き抜いてきた価値観があるのだから・・・。

貴方が、もし両親の傷を背負えなかったり、支えきれなかったとしても、貴方は支えきれない自分のことを責める必要なんてないのですー☆彡

自分が上手く立ち回れなかったからだ!なんて悩まなくていいのですよー

 

 

 

「家族の不和」に耐えるのって、すごいエネルギー!あなたは頑張ってるよ。

もし、いまこのブログを読んでるアナタは、もしかしたら家族のことでなやんでらっしゃるかもしれませんね

 

やらなければいけないことが止まってしまったり、あれもしないといけない。 これもしないといけない。

 

色々なやらないといけないことがあるけど、なかなかすすまなかったり。

 

ついつい、気分転換をしたり、楽しいことをしないとやるせないかもしれません。

 

そんなあなたに伝えたいこと

 

それは”家族不和だったり、両親の別居&離婚とかって、すごいストレスなんですよね

 

アナタは気が付いていないけど、気持ちや神経って、すごく消耗してるんですよね

 

だから、もしもこんな私ってダメだな・・・って思うことがあっても大丈夫ですよ

 

あなたは、見えないところで、スゴクスゴク神経を消耗しているんです

 

 

気が付かないところで、エネルギーを使っているんですよね。

 

 

アナタが好きなこと。嫌いなこと。その感覚を大事にしよう

 

 

”好きなものは好き”
私はこの言葉が大好きです。

だって好きに理由は要らないもん。

でも、両親が仲が悪かったり、離婚してる両親のもとで成長すると好きなものを好き!っていうのも、大変な人いるんじゃないかな・・・・ってぶんこは思っていますー

経済的に苦しかったり、家庭内がピリピリしていたり、いろいろな原因があると思うけど・・・

こんなのもあると思います。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

父親と同じ行動をしたり好みが似ているのを、母親が嫌がったり、やんわりと攻撃される

または、父親と住んでて、だんだん母親に似てくる自分が許せない!

経験したことがないと分からないと思いますが、これって結構きついんですよね。

「やだ。お父さんみたい!」とか「お父さんと同じものを頼むなんて・・・」といわれたら、なにも言えなくて、好きなものも好きといえない・・・・

でも、貴方は貴方

親じゃない。

親がなんと言おうとも、自分が好きなものは好きでいて欲しい。

って、ぶんこは思ってます

「自分はどう思っているのか?」

「納得できないとすると何処なのか?」

実際の行動に移せないことは、たくさんあると思うけど、ひとまず
「私は、この問題に対して、○○○と思っている。」

これが、自分らしく生きていくために大切だと思うのです。

 

もし、貴女も悩みがあるのなら、一緒に乗り越えて参りましょう⭐

 

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!

スポンサーリンク

More from my site

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

最近の投稿はこちらです( *´艸`)

コメントを残す

*